統合失調症の治療|さいたま市南区の精神科・神経内科 - <辻医院> 脳とこころの症状を中心に診療をしています。統合失調症の治療

辻医院
辻医院

統合失調症の治療について

これまでの統合失調症治療では、医師から処方された薬を患者さんが規則正しく服用するというのが一般的でした。
「薬をきちんと飲んでいますか?」「飲まないといけませんよ」と聞かれることが煩わしく感じたり、服用していることを他人に知られたくないために、社会的な参加の機会を躊躇せざるを得ない経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、日々の生活で手の震えや日中の眠気などを自覚し日常生活を十分送れていない方も多いと思います。

当院では、統合失調症について理解を深めていただき治療の選択肢を提示しながら、患者さんの同意と理解に基づく治療を提案いたします。

効果が数週間続く『持効性注射剤』という治療があります

毎日飲むお薬の量が減ったり、飲まなくてよくなる可能性があります

飲み薬
時効性注射剤

錠剤、粉薬、内用液、口腔内崩壊錠などがありますが、基本的に毎日の服薬が必要です

1回の注射で効果が2〜4週間続くので、毎日の服薬が減る、もしくはなくなります
※いつでも飲み薬に戻ることができます。

興味のある方は、当院にご相談下さい