診療内容|さいたま市南区の精神科・神経内科 - <辻医院> 脳とこころの症状を中心に診療をしています。

辻医院
辻医院

診療内容

脳とこころの問題を中心に診療をしています。

脳(神経内科)は頭痛、めまい、しびれなどのありふれた症状を始め認知症、パーキンソン病、ALS等の神経難病に対応いたします。これらの病気の診療や必要に応じて訪問看護ステーション等と協力して在宅療養をサポートします。

こころの問題は神経症、気分障害(うつ病、躁うつ病)統合失調症等の比較的軽症な方を中心に患者さんの「はなしを十分に聴く」事をこころがけています。そのうえで必要があれば薬物療法を行います。また疾病教育や家族教育、リワーク等も積極的に行い関連病院との連携を密に取りながら治療に当たっていきます。

認知症の患者さんに対しては診断・治療を当院と認知症疾患医療センターで直接行います。周辺症状(BPSD)を呈している患者さんには薬物療法を中心に行い、また御家族とも相談の上で短期入所等も検討いたします。

脳とこころの病気は画像検査(頭部CT,MRI)や心理検査および脳波検査が必要ですが、他院と連携をとり検査を行います。
在宅診療は(主な往診地域としてさいたま市南区、浦和区)神経難病等の患者さんを往診いたします。

初診の方は随時受け付けております。
他院からの処方がある方はお薬手帳をお持ちください。

診療時間のご案内

診療時間